みんな知らない?!月500円以内でWORDPRESSも使えるレンタルサーバー会社

ココナラいうサービスを使って人の恋愛相談を聞いて稼いだりライターとして活動して儲けている人にも会ったことがあります。 ITの普及によって、無形商材もどんどん売れる時代になってきています。自分で人気のサイトを作る事が出来れば、そこの広告枠を企業に対して販売する事も可能ですし、アフィリエイトサービスを利用して稼ぐ事も出来ます。 初めての人にとって、ネックとなるのがサイトの運営費用です。1日の副業の報酬が100円も稼げていない状態でいきなり月2000円のレンタルサーバーというのも正直厳しいですよね。 そこで今日は格安サーバーの中でおすすめのWordPress使用可 レンタルサーバーについてまとめていきます。  

まずWordPressってなに?

WordPressは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)の1つでサイトの運営を手助けしてくれるツールです。これ一つサイトに入っていれば記事を書くこともサイトをカスタマイズすることもより簡単に出来ます。 通常、サイトを作る場合にはプログラミングやコーディングを行わないと行けない事が多いためFTPを利用してサイトにアップロードしなければいけません。でもブログを書く際にはそんなことをしていたらかなり面倒です。 その面倒なもろもろを解決してくれるのがCMSです。これがあるかないかではサイト運営スピードが10倍違います。WordPressが入っているサイトなら記事書きに集中でき、すぐに記事をいつどこでもネットが繋がっていれば(携帯からでも)アップロードができます。  

なんでレンタルサーバーを借りないといけないの?

では、なぜレンタルサーバーを借りないといけないのでしょうか?答えは単純で、自分でなにもかも操れる状況にするためです。 個人でサイトを運営するとなると予算的にも無料サービスを利用するか・レンタルサーバーを借りるかのどちらかになります。無料サービスももちろん良いのですが、サイトを運営していく中で無料サービスは縛りがきつすぎてたくさん稼ごうとする人には不向きです。 たとえばamebablogを利用するとして、広告枠を自由自在に自分で設置して販売する事はできません。最近人気のはてなブログを使うという選択肢もありますが、はてなはきわどい記事を書くとポリシー違反で削除されたりします。 注意しないといけない事が多いのが無料のサービスですがレンタルサーバーの場合はそうではありません。広告をどこに貼ってもだれも文句は言いませんし、何を書いても問題ありません。自由度を高くやりたい方はまずレンタルサーバーを契約してみてください。  

月500円以内のレンタルサーバー

では、できるだけ安く抑えるためのレンタルサーバーをご紹介します。レンタルサーバーを管理パネルがあり、そこから「wordpress」を一発でダウンロードできる会社を選んだ方が初心者の方も安心なのでおすすめのものを紹介します。  

月額250円からの高機能・格安レンタルサーバー【minipop】

minipop 初級者の方にも、PHPが使用できる幅広い共有サーバーホスティングサービス。WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)・高速接続・ディスク容量・データ転送量(課金なし)・メールアカウント・CGI・自動返信サービス・23ヶ国語対応コントロールパネル・ウイルスチェック機能ウイルスチェック機能・マルチドメイン対応など、通常のレンタルサーバーが備えている機能はほぼ持っているサーバーです。 月額最低250円で可能なので、おすすめです。250円で今人気のWordPRESSなど400種類以上のCMSアプリが簡単にインストールできます。ちょっとだけピックアップすると以下の通りです。 MediaWiki/WordPress/DokuWiki/Geeklog/Serendipity/Moodle/Advanced Poll/Piwik/Joomla 2.5/PivotX/Moodle/Limesurvey/eFront/GLPI/Claroline/ownCloud/Pluck/CMS Made Simple/Piwigo/Zenphoto/Collabtive/SMF/OpenClassifieds/X2CRM/AjaXplorer/Tiny Tiny RSS/WebMail Lite/todoyu 等 またminipopは、無料期間があるので、「レンタルサーバーってどんな感じ?」「試しに使ってみたいけどどうしたらいいの?」の疑問を持つ方にもおすすめです。初めてレンタルサーバーを借りる人はまず登録して体験してみてください。なお、注意点は以下の通りです。
無料体験ご利用時のご注意 利用期間:10日間 利用開始日:お申し込み日より2-3日営業日以内 お試し提供プラン:ミニプラン/ビックプラン 使用期間中に制限される機能:メールアカウント作成/SSH 禁止事項:フィッシングサイト・スパムメール配信等・その他プログラムを用いたメール送信全般 ※上記が確認されましたら即時アカウント削除となりますので、ご注意ください。10日間無料トライアルサーバーは契約サーバーと同等のサーバーとなります。

安価で快適に!月額150円~でWordPressが使える!【リトルサーバー】

%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc 業界最安級であまり知られていませんが安定したレンタルサーバーです。月1本のジュースを我慢するだけでサイトを運用できます。 サービスが微妙なんじゃないかと思うかたも多いですが、そんなことありません。サブドメイン可能・全自動バックアップ・もちろんWordPress簡単インストールも入っているのでWordPressサイトを作成しようと思っている方にはおすすめです。 minipopと同様に、無料期間があるので迷っている人はまず登録する事をおすすめ致します。  

レンタルサーバを借りたらWordPressを導入してテンプレートも設定しよう

さて、レンタルサーバーを借りたら、簡単にWordPressは導入できます。 導入までの流れは以下のサイトがわかりやすいのでチェックしてみてください。 簡単インストール例 導入後、サイトを見に行くと以下のようなかたちになっているはずです。 wordpress でもこのデザインじゃサイトを運営していくのはちょっとださいですよね。その時に便利なのがWordPressのテンプレートです。 無料のものでもSEOまで考えられたものがたくさんあるのでまずダウンロードしてみましょう。日本語対応している無料テンプレートのおすすめは、テンプレートキングです。 %e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%91 ファストサーバー株式会社が作成しているテンプレートなので、SEOも強くサイトのコーディングもきれいです。 まず最初はこのテンプレートをダウンロードして、サイトを練習がてら作ってみるのをおすすめします。 %e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%92   なお、テンプレートをWordPressに設定する方法は簡単です。 WordPressにログインして、左のメニューから「外観」→「新規追加」→「テーマのアップロード」→「ファイルを選択」を押し、ダウンロードしたzipファイルを選んで「今すぐインストール」を押せば完了です。そのあと、有効化ボタンを押せばサイトに反映されます。 最初どんなサイトを作るか迷っている人はまずテンプレートキングで好きなテンプレートを選びダウンロードしてみてください。    

まとめ・なんで500円使ってでもレンタルサーバーの方がいいの?

さて、ここまでレンタルサーバーでのサイト作成をおすすめしてきましたが読んだ方からすると「なんで500円かけてでもレンタルサーバーで作成をしたほうがいいの?」という考えが浮かぶと思いますが いままで受託案件などでPVが伸びて無料ブログだとカスタマイズが出来ず困ったためにレンタルサーバーを借りて乗り換える事例を多数見てきました。そのときに移行を失敗すると、PVは落ちて最悪の場合サイトの収入は0になります。また移行に関してはある程度リテラシーが無いと厳しいです。 まずサイトでお金を稼ぐという事を考えてサイトを作るなら500円でも払ってレンタルサーバーを借りた方がいいです。しかもお金を払ったほうが緊張感がありサイト運営をサボることも少なくなると思います。
上位手順を完了するだけでひとまずサイトは完成します。あとは検索エンジンからの流入を増やすためにひたすら記事を書きましょう。SEOで上位表示するためのライティングについては、また別記事で書こうと思います。 サイト作成に関して疑問点あればいつでもご連絡ください。ちなみにWrodPressとテンプレート導入サポートはココナラでもサービスとして販売しておりますので忙しくて時間が無い方はココナラに登録後、購入してみてください。    

テンプレートだけではなく、自分で好きにサイトを作りたい方は、「国内のプログラミングスクールをまとめてみました!」をご覧ください。

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました