コーダーがフリーランスになるためにやるべきこと【業務委託の探し方もご紹介しています!】

実はあなたが思うよりもずっと簡単にフリーランスのコーダーになることが可能です。 この記事では、コーダーがフリーランスになっても食べていける理由や、どんな準備が必要になるのかをご紹介していきます。

コーダーがフリーランスになっても食べていける理由

コーダーがフリーランスとしてやっていくのは、実は簡単なことです。 なぜなら現代は多くの企業が各自のWebサイトを運営しており、まだしばらくの間コーダーの需要はなくならないから。 そして単純なコーディングだけでなくWebデザインやSEOマーケティングのスキルもある優秀なコーダーは、いろいろな企業から声がかかり収入も増えやすい傾向にあります。 以上のことから、コーダーは今がフリーランスになる絶好のチャンス。 もし現在の年収が低いと思っている場合、一度他の会社を調べてみることでもっと高い給与を受け取れるようになります。(単価が高いところはMIIDASで調べれば簡単に見つかります)

コーダーがフリーランスになるメリット・デメリット

 フリーランスになるメリット

① 自由な働き方ができる まずは何と言っても、会社の勤務時間に縛られず自由に働けるのが大きなメリット。 満員電車での通勤に悩んでらっしゃる方には、この上ない喜びだと思います。 ② うまくいけば収入が増える 会社での給料は基本的に固定給であり昇給もめったにありませんが、フリーランスなら働いた分だけ収入が増えていくのが嬉しいメリット。 フリーランスになった人の多くは、会社員の時に比べて年収が何割も増えています。 ③ より早い成長が見込める フリーランスとして様々な案件に携わることで、より早くスキルやキャリアの向上を図ることができます。 より自分を成長させたいと願う方には、フリーランスは絶好の働き方ではないでしょうか。

 フリーランスになるデメリット

① 自分で仕事を獲得する必要がある 会社に勤めていれば仕事は当然のように毎日ありますが、フリーランスだと自分で仕事を獲得し、できるだけ継続して受注できるようにしなければなりません。 つまり会社における営業の仕事も自分でやる必要があるのです。 ② 収入が不安定である これは先ほど述べたメリットの裏返しでもあるのですが、場合によっては十分な収入を得られないこともあります。 フリーランスになりたい方は、必ずこのことを頭の片隅に置いておきましょう。 ③ 社会的信用が保証されにくい 会社員という肩書きが無くなった途端、クレジットカードの審査に通りにくくなったり、不動産の契約ができなくなるケースが多いです。 もちろん誰もが知っている有名人であれば話は別ですが、基本的には社会的信用がほとんど無くなると思っていた方が賢明でしょう。

コーダーがフリーランスになるための準備

BDC2586C-2202-462E-B97C-DFB985CD2000 コーダーがフリーランスになるには、
  • 営業のための資料
  • 実績作り
が必須になります。 本業でやってきたことをまとめて提出して勿論OKですが、クライアント名を出すと秘密保持契約違反になるためオブラートにうまく包んだ方が良いでしょう。 あなたが携わった開発案件でどのような貢献をしたのか、具体的にアピールすることでより多くの会社から興味を持ってもらえるでしょう。 もし自身の実績が乏しいと感じる方は、クラウドソーシングでいくつか案件をこなして自信をつけるのもオススメです。

安定的な売り上げを作ってからフリーランスになる

フリーランスになるためにはまず「安定的な売り上げ」を作ることが大切になります。 安定的な売り上げの例としては、
  • 業務委託で週1-3の案件がある
  • アフィリエイト収益が安定的に生まれている
  • ライティングの仕事で毎月ご飯を食べられるお金がある
などが挙げられます。これらが既にある方は、すぐに仕事をやめてフリーランスになれるでしょう。 もし「これらが全くないけどフリーランスになりたい!」という方には「業務委託の仕事を探して見つかったらフリーランスになる」という流れをおすすめします。 この方法であれば、業務委託の仕事でお金が手に入り、拘束される時間が正社員より少ないので余った時間で新しい仕事を探したり、アフィリエイトサイトを作る時間に当てることが可能。 安定的な収益がある程度出ていることで心の余裕もあるので、何の後ろ盾もなくフリーランスになるより100倍安心です。

コーダーとして業務委託の仕事を探す方法

安定的な収益を作るためにいちばん手っ取り早いのが業務委託の仕事なので、フリーランス向け求人サイトで案件を探すのがオススメ。 業務委託の場合は転職とは違い面談に行っても普通に断ることができるので、良い案件を見つけたタイミングでフリーランスになるという考え方でOKです。 急ぐ必要はありませんが、良い案件を見逃さないためにもフリーランス業務委託サイトには全て登録して、メルマガなどは定期的にチェックしておきましょう。

 ITプロパートナーズ

itプロパートナーズ 公式サイト:https://itpropartners.com/ ITプロパートナーズは、渋谷にオフィスを構える会社。 エンジニア・デザイナー・マーケターの業務委託案件を紹介してくれます。週2から案件があるのでまず登録して、あなたに合う案件を探してみましょう。 専任のエージェントが親身に話を聞いてくれて合うニーズの仕事を紹介してくれるので「自分に合う仕事を代わりに探して欲しい」という方におすすめです。

 3スタ

3スタ 3スタは、Webクリエイター専門に週3日からの案件を紹介してくれるサービス。 毎日多くの案件が更新されており、あなたの希望に合う仕事がきっと見つかるはずです。 たった60秒で簡単に登録できるので、興味のある方はぜひ無料登録しておきましょう。

レバテックフリーランス

レバフリ 公式サイト:https://freelance.levtech.jp/ レバテックフリーランスは、フリーランスITエンジニアのための求人サービス。 直請け案件の豊富さが、多くのフリーランスに支持されています。 たった60秒で登録できるので、気になる方はぜひ無料登録だけでもしておきましょう。  

コーダーとして売り上げをさらに上げる方法

より多くの売り上げ

 直受け案件を増やしていく

業務委託だけではいつ解約になるか不安に思う方は、別のところからも収益を増やせるようにしましょう。 売り上げをさらに上げるためには、業務委託のような会社を経由する方法ではなく直受けできるようにする必要があります。 なぜ直受けの方が良いかというと、通常紹介案件というのは「クライアントの支払いから数%代行会社に行っているためもらえるお金が減る」から。 売り上げをさらに上げるためには、自分のターゲットである顧客があなたに直接依頼したくなるようにしましょう。 具体的には、言われたことだけをやるのではなくクライアントの潜在的なニーズをくみ取り有意義な提案ができるコーダーを目指すことが大切です。 そのためには、Webデザインやマーケティングなどの幅広い知識やスキルを日頃から学んでおかなければいけません。

 スキルアップに役立つ本

より優秀なコーダーを目指す方のために、Webデザインのセンスを磨いてくれる本を一冊ご紹介しておきます。 [itemlink post_id=”5719″] この『けっきょく、よはく。』は、大阪のデザイン事務所「ingectar-e」が手がけたデザイン本。 SNSでも紹介ツイートがバズッたりと、多くのデザイナーに支持されています。 僕も実際に購入したのですが、目からウロコが落ちることばかりで大変勉強になりました。 Amazonの紹介ページでサンプルが見れるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

フリーランスになる際の注意点

コーダーがフリーランスになる場合の注意点もご紹介しておきます。 フリーランスになる際は、必ず以下のような事前準備をしておきましょう。
  • 請求書
  • 個人事業主の申請
  • クレジットカード作成」
  • 不動産契約
  • 開業届の提出
特に、クレジットカードと不動産契約が大切で、フリーランスになると一気に契約ができなくなります。 なぜならフリーランスは売り上げが不安定なので、支払いがいきなり滞る可能性があるから。これは、ある程度収入があるフリーランスの方でも同様です。 そのため、フリーランスになる前に必要なクレジットカードを作り、引っ越しも完了させておきましょう。VISA・マスターカードなど数種類持っておくと、いざという時に便利です。

まとめ:フリーランスになって活躍の場を広げよう!

世の中には、あなたのコーダーとしてのスキルを求めている会社が数多くあります。 いくつかの注意点さえ気をつければ、フリーランスはかなりメリットの多い働き方。 「フリーランスでやっていく!」という情熱をお持ちの方は、今回ご紹介した方法を活用してぜひフリーランスになってください。 あなたがより満足のいく人生を送れるよう、心から応援しています。 関連記事:マーケティング職でフリーランスになる方法【業務委託の探し方もご紹介】]]>

タイトルとURLをコピーしました